ホーム > レポート > 【墨東まち見世塾】第1回 「まちに開かれたアートな拠点づくりとは?」

【墨東まち見世塾】第1回 「まちに開かれたアートな拠点づくりとは?」

イベントページを見る
  • トーク
  • タウン
68ddec22e68df103005a81fda60963e0

【墨東まち見世塾】第1回 「まちに開かれたアートな拠点づくりとは?」

  • 日時: 2011年10月30日 〜 2011年10月30日
  • 会場: float
  • 主催: 墨東まち見世2011

10月30日(日)の墨東まち見世塾は、「まちに開かれたアート拠点とは?」と題して、夜7時から小村井駅近くのシェアアトリエ・floatにおいて開催 されました。あいにく小雨まじりの天気でしたが、地域の方、向島の外からの方、大勢の来場者に恵まれました。今回の会場は、事前に仮設のスクリーンを左右 の壁に設置、中央のテーブルの出演者を囲むように来場者が座り、初めて来た人も会話に入りやすい雰囲気が演出されました。トークではプロジェクター3台を 使い、話題になっている事柄をリアルタイムで投影しながら、アーティストの住中浩史さんの進行のもと、floatのメンバーや来場者が、floatのス ペースの使い方のアイデアを手がかりに、様々な意見を交わし合いました。建築系のメンバーとアーティストによるfloatの独特なメンバー構成は、今後の 様々な可能性を感じさせてくれるものでした。
まち見世参加企画としてのfloatの「リノベーションカフェ@float」は、会期中の週末ごとに開催されています。まさに進行中の活動に、ぜひ触れてみてください。
http://machimise.net/network.html#float

タグ

,,,,

ページトップ